So-net無料ブログ作成
自動車関連 ブログトップ
前の1件 | -

【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)燃料電池・水素エネルギーに関する情報! [自動車関連]



【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)燃料電池・水素エネルギーに関する情報!


【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)燃料電池・水素エネルギーに関する情報!

に関する情報を知りたいなら

【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)燃料電池・水素エネルギーに関する情報!

について詳しく掲載しているこのサイトをご覧下さい。

他のウェブサイトよりもしっかりと見ることができるはずです。

ほんの少しだけでも役に立つことがあるならば嬉しい限りです。

※ 今回は、『【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)燃料電池・水素エネルギーに関する情報!』


~ 目 次 ~

・水素が注目される理由
・ほぼ、無限につくり出すことができる。
・使用時のCO2排出量・ゼロ。
・溜められる。そして、運べる。
・ところで水素って安全なの?
・日本が目指す水素社会
・『【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)』の関連記事はこちら!

ではお送り致します。




※ 水素が注目される理由


将来の有力なエネルギーとして注目されている水素。

何があたらしいの?何がすごいの?かを調べました。


suiso-02.JPG
TOYOTAホームページ(より引用)


その注目される理由と水素をとりまく

社会の変化について分かりやすく解説します。





※ 水素が注目される理由



YOU TUBE toyotatajpchannel(より引用)


1)使用時のCO2排出量・ゼロ。

水素は酸素と結ぶつくことで、発電するんです。

石化燃料と違う点は・・・

エネルギーとして使用した時に

CO2を出すことが無いそうなんですよね。


水素で発電する時に出るのは、水だけなんだそうですよ。


しかし・・・


今は、まだ水素を製造する過程で

CO2が排出されているそうなんですよ。


今後は・・・


太陽光や風力などの再生可能エネルギーを活用して

水素を効率的に製造できるようになれば

CO2排出量は大幅に少なく出来ると


いわれているんですが・・・

どうなんでしょうかね?


将来的に、CO2を一切排出せずに

水素エネルギーが活用できる社会の実現に向けた

取組みは、すでに始まっていますもんね。


水素は、『究極のエネルギー』といわれるほど

クリーンなエネルギーなんだそうですよ。





※ ほぼ、無限につくり出すことができる。


水の中などに含まれている水素。

水を電気分解することで取り出すことができるそうです。


さらには・・・


他の物質の中にまで。

背球や液化天然ガスだけでなく

バイオマスや下水汚泥など

さまざまの物質から取り出すことが出来るそうですよ。


水の惑星、地球にとって・・・


水素は、つきることのないエネルギーみたいですよ。





※ 溜められる。そして、運べる。


電気で水を分解して水素にしておけば

それを保存して、また別の場所で

再びエネルギーとして使うことが出来るんですよね。

自然エネルギーも、もっと活用できるようになるそうですよ。


たとえば・・・


天候に左右されて

一定量の電気供給が難しい太陽光発電の場合。


晴れた時に、作った電気を水素に変えておけば


曇ったときでも・・・


その水素で再び電気を作ることが出来るんですもんね。

水素は、他のエネルギーとの

コンビネーションも抜群なんですね。


水素社会が広がることは

よりサステイナブルな仕組みが

広がって行くことになりそうですね。





※ ところで水素って安全なの?


特徴を理解して正しい使い方をすれば

ガソリンや天然ガスと同然に安全だそうですよ。


特徴 ① 常温・常圧では無色無臭の気体。

特徴 ② 可燃性がある。

特徴 ③ とても軽い気体なので、空気中の拡散しやすい。


①~③の特徴を踏まえて

安全対策をとる必要があるんだそうです。


安全といっても対策を取らなければいけないんだから

100%っていう訳でもなさそうですね。


日本を代表するトヨタが言うのだから間違いはないでしょうけどね。


トヨタは、水素で走るクルマに

ふさわしい安全対策を施しているようです。




≪漏らさない≫

郷土・耐久性に優れた信頼性の高い高圧水素タンク。


≪検地して止める≫

水素ディテクタ(検知器)を掲載し万一の水素漏れを検知。

水素漏れや衝突を検知したらタンクバルブを遮断。
(濃度が低い場合には警告)


≪漏れた水素を溜めない≫

水素系部品の車室外配置による、水素が拡散しやすい構造。






※ 日本が目指す水素社会


水素を活用する社会に向けた動きがはじまっていますね。

今までのエネルギーに依存しない社会への移り変わり。


※国として水素社会実現を推進しています。

◆ 資源エネルギー庁はこちらをクリック



さまざまな自治体でも、水素エネルギーとして

活用するための検討がはじまっているようですね。


水素エネルギーの利用に

取り組む企業も増えてきているようですよ。


今ようやく、みんなのエネルギーとして

使っていけるスタートラインに立ったんですかね。


FCバス・家庭用燃料電池・水素発電所


水素ステーションも、これから増えていく予定だそうです。


燃料電池自動車の水素を重鎮する水素ステーションは

2015年度内に40ヶ所以上の稼動が予定されています。

◆ 水素ステーション予定場所はクリック



■『【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)』の関連記事はこちら!
【 TOYOTA MIRAI 】トヨタミライ(みらい・未来)インテリア・デザイン・内装・発売・画像!
日本全国の水素ステーション場所!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の1件 | - 自動車関連 ブログトップ

スポンサー広告
広告

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。